1. TOP
  2. ファスティングダイエット【メリット・デメリット】

ファスティングダイエット【メリット・デメリット】

断食をすることでダイエットになるファスティングダイエットは、メリットだけでなくデメリットもあります。
ファスティングのメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

メリット

・内臓の機能回復
歳をとるごとに免疫力が低下していき、体力もなくなっていきます。
胃や腸、肝臓、腎臓といった内臓器官も活動が低下していってしまうと病気にかかりやすくなってくるでしょう。
ファスティングダイエットをすることで内臓器官を一旦休めることが出来、休めることで機能回復になるのです。
機能回復されれば低下しつつあった働きを正常に戻すことができるので体調が改善されます。

・老廃物、毒素の排出
生活習慣が乱れるだけで体に不要な老廃物や毒素がどんどん蓄積されていくことになります。
老廃物や毒素が溜まっていくと便秘になったり、なんとなく体がだるかったり、朝スッキリ起きることができなかったり、生活に支障をきたすことがあります。
しかし、この老廃物や毒素は簡単に排出することはできません。
特に、脂肪の中にある老廃物、毒素はなかなか外に出すことができないように、少しややこしいものとなっています。
ファスティングダイエットはこの排出しにくいものもすべて体外に出すことができるメリットがあります。

・基礎代謝が上がる
断食は食事を摂取することはないので、必要な栄養を吸収することができずに基礎代謝が下がるのではないかと心配されている部分もありますが、その逆となっています。
一旦、エネルギー不足状態に体をすることで基礎代謝がさらに上がりやすくなるように調整することができるのです。
ファスティングダイエットをする前よりも基礎代謝が上がると体内に蓄積された脂肪を燃焼しやすくなるでしょう。

デメリット

・リバウンドしやすい
ファスティングダイエットは、ダイエットを実行した後の食生活によってリバウンドする可能性が高まることがあります。
リバウンドがしやすい傾向があるのですが、ファスティングダイエットの後、すぐに普通の食事に戻してしまうことが1番危ないとされています。
断食を行うファスティングダイエットは実行した後、徐々に普通の食事に戻すことができるようにおかゆから初めていくと良いでしょう。
固形物をいきなり食べてしまうとお腹がびっくりしてしまいます。
おかゆやジュースから摂取していき、少しずつ普通の食事に戻していくようにしていきましょう。

・空腹にこまる
断食に慣れていない人は、まず空腹との戦いになっていきます。
空腹に打ち勝つことができないのであればファスティングダイエットを成功させることはできません。
また、断食したからといってすぐに老廃物や毒素が排出されるとも限りませんので注意してください。